じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

Google マップで「ぼかし」がかけられ隠されている場所いろいろ


Google マップGoogle Earthには通常の地図モード以外に、衛星軌道上から撮影した写真や航空写真も見ることができるようになっているわけですが、一部の施設や場所はありとあらゆる理由に基づいて「ぼかし」がかけられて不鮮明化されており、はっきりと見ることができなくなっています。


なぜぼかしがかかっているのかというと、2006年4月頃には「Google Earth」によるテロのリスクなんてたわ言に過ぎないと思われていたのですが、2007年1月頃には本当にイラクでテロリストグループがテロ襲撃用にGoogleEarthを利用していたことが判明したため。


というわけで、Google マップで「ぼかし」がかけられて隠されている場所がいろいろとあるので見ていきましょう。

まずはロシア。一体何なのでしょうかね、これ?


ロシア

フランスは空軍基地の一部がモザイクに。

フランス

アメリカにもあります。これはケンタッキー州レキシントン。
アメリカ

米国海軍観測所も秘密のベールに包まれています
米国海軍観測所

ヴァージニア州ロウドンのごみ埋め立て地も不自然に隠されていますが……。
ごみ埋め立て地

アメリカのアラスカ州とカナダのユーコン準州の国境付近にも謎の黒塗りが。
国境付近

デューク・パワー社の原子力発電所もよく見えない状態に。
原子力発電所

気になったので日本の原子力発電所などの住所で調べてみたのですが、調べた限りではモザイクがかかったりぼかしのかかった場所はありませんでした。大丈夫なのですかね?

こんなところにもボカシかかってるのを見つけました、というタレコミをいただいたので調べてみました。場所はここ。
タレコミ

ズームアウトするとわかるのですが、どうやらここは「フランス領南方・南極地域」というものに属しているらしく、Wikipediaによると「そのほとんどが無人、あるいは研究機関・軍関係者しか住んでいない地域」だそうで。そのため、何か上空から見えるとまずいアレゲな施設があるのではないかと……。 

関連記事

スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。