じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

藤岡弘に4億5000万円支払い命令


 俳優藤岡弘(61)が金銭トラブルでピンチに陥っていることが11日、分かった。12日発売の「週刊文春」によると、藤岡は知人のO氏との間で2億円を「貸した」「借りていない」で裁判ざたになり、3月29日に東京高裁の控訴審判決で藤岡が敗訴したという。
 同誌によると、O氏が持ち掛けた融資話に藤岡が乗り、都内の自宅に2億円の抵当をつけることを条件に、99年にO氏が藤岡に2億円を現金で手渡したという。直後に所得税法違反で懲役6年の実刑判決を受け収監されたO氏が出所後に返済を求めたところ、藤岡は「借りていない」と主張。04年にO氏が強制執行の手続きに入ろうとしたところ、その停止を求めて藤岡側が裁判を起こした。
 05年の1審判決は藤岡が勝訴したが、控訴審判決は2億円を借りたと認定。元金2億円に金利と遅延損害金を加え、計約4億5000万円の支払いを命じたという。藤岡は今月4日に最高裁に上告を申し立てた。
 藤岡は弁護士を通じて、O氏の実名を暴露した上で「巧みに接近を謀ってきた人物にだまされ、詐欺の被害に遭ってしまいました。私は1円のお金も受け取っておりません。百数十人もの善良な人々をだました人物を信頼してしまったことが残念でなりません。真実は1つですので、良識のある判断がなされることを信じております」。また、藤岡の顧問弁護士は「本件はいまだ訴訟継続中であり、現時点ではコメントは控えさせていただきます」としている。(日刊スポーツ)


真実は一体何処にあるのでしょうか。 裁判で一度は借りたと認められている以上、全く何も無かったとは言えません。 何の証拠も無しに認められる訳が無いですから。

誰かが嘘をついている・・・真実は一つしかありません。 
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。