じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

死後生殖


 諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町)の根津八紘院長は11日同院で会見し、04年に西日本の女性(当時30代)が病死した夫の凍結精子を使って妊娠し出産していたと発表した。男性の死後に体外受精する死後生殖で生まれた子どもは、最高裁で夫の子とは認知しない判決が出ており、医療機関が公表するのは初めて。根津院長は「14日の日本産科婦人科学会総会で死後生殖禁止を決定する見通しであることから、問題提起の意味も込め公表した」と話した。

 根津院長によると、亡夫は不妊治療のため別の医療機関に精子を保存していたが病気で死亡。その後の02年、女性と亡夫の母が同院を訪れ「死後生殖」を求めた。同院で亡夫の凍結精子と妻の卵子を体外受精させ、03年に妊娠。04年に別の医療機関で出産したという。

 死後生殖について同院は「生前、夫が同意していること」を独自の指針にしている。この場合は夫が生前に不妊治療をしていたことや女性の強い希望、夫の親族の了解から、根津院長が「同意していたことに準ずる」と判断したという。

 生まれた子どもの法的立場について院長は「亡夫の父母との養子縁組を勧めたが確認していない」と話した。また04年以降、亡夫の精子による死後生殖を他に1例実施したが、女性は妊娠しなかったという。

 根津院長は「死後生殖禁止は遺産相続への悪用などを抑えるためだけの安易な発想。純粋な思いで生殖医療を望む患者を切り捨てることはできない」と話した。(毎日新聞)


夫婦間でも問題視されてしまうんですね。 こういう問題があがると決まって、金銭に関係した話がが全面に出て来ますよね。 それこそが一番の問題点だと思います。 そういう思考が問題を大きくするのではないのでしょうか?

結局、そういう視点からしか物事を見れない方達とはいくら議論を重ねても一向に進展はしないですよね・・・。
価値観、人生観、人としての思考、etc・・・何もかもが違うのです。 そもそも対極に居るのにどうやって歩み寄る事ができましょうか・・・。

スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

保存精子で死後生殖!諏訪マタニティークリニック根津院長

「保存精子で死後生殖!諏訪マタニティークリニック根津院長」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2...

ブログで情報収集!Blog-Headline 2007年04月12日(Thu) 09:53


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。