じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

予言者


 プロゴルファー、ポール・ブロードハースト(イングランド)は28日、ポルトガル・オイタボスのコースで自分に初のポルトガル・オープンのタイトルを与えてくれたと信じている老人を探していた。

2年前、ブロードハーストは、最終日序盤でつまづき首位争いから脱落したように見えた。しかし11番で老人からひと言かけられた直後からバーディラッシュの猛チャージ、2位と1打差でタイトルをものにしたのだ。

同オープン3連勝を狙うブロードハーストは報道陣に「あの時、わたしは11番のティーで広告の看板を眺めていた。すると老人がやってきて『あなたは優勝できる』と言ったんだ」と語った。

「あの時、私は首位と4打差だった。だからとても勝てるなんて思ってなかった。でも老人は『信じなさい。あなたは優勝する』と言ったんだ」

「私が優勝すると、彼は近づいてきてこう叫んだ。『そう言ったでしょう、そう言ったでしょう』」

「だからあの人を探しているんだ。また11番に立っているんじゃないかと思ってね」[カスカイス 28日 ロイター]



彼が見たものは果たして神か、それとも予言者か・・・どちらにしても幸運としか言い様のない事ですね。

しかし、ある程度の実力があればこそチャンスをものに出来たという事実もある訳で。 土台はあるのに、あと一押しが足りなかったのでは無いでしょうか。
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。