じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

掃除いらずのトイレ開発秘話


「男性が女性の家を初めて訪れたとき、チェックするのは、トイレ」なんて話を、トイレメーカーの取材で聞いたことがある。
トイレのキレイ度によって、その人の清潔さや几帳面さが見えるということらしい。

また、主婦の多くが嫌う家事といえば、トイレ掃除。それに対して、「主婦の負担を楽にしたい」、そんな思いでできたのが、松下電工株式会社の「全自動おそうじトイレ アラウーノ」である。

「トイレの手入れに対する関心が高まり、2002年頃から『タンクレス化』が急速に進みました。これはトイレ業界における『薄型テレビ』のようなもの。また、他社が『お手入れしやすさ』を打ち出すなか、ナショナルでは『お手入れそのものを減らしちゃおう』というコンセプトなんです」
と、ドレッシング事業部商品企画開発グループ主任・酒井武之さんは言う。

開発にあたって、まず取り組んだのは、「便器の研究」だった。
「もともとの原因は水あかですが、陶器の表面には水あかがつきやすく、いったん固着すると、もう削るしかない。そもそも陶器は親水性なので特に水あかがつきやすい、水をはじく撥水性のものを使用したら良いのではないか? と着目したのが、新素材の有機ガラスなんですよ」
これは、ナショナルが家電をつくっているノウハウを活かし、樹脂系のなかで硬度が非常に高く、撥水性の高い材料を探した結果なのだとか。

また、「強い洗浄力で使用するたびに汚れを落とす」ために、注目したのは「泡」の力。
「お風呂で使っていたバブル洗浄を応用し、泡で洗ってみたら、よく落ちました。今回は2種類の泡を使うことで、目に見えない油汚れまでキレイに洗い流す方法を採用したんです」
実際、水を流してみると、便器の中を洗濯機のようにぐるぐる泡がまわっていくのがわかる。これ、水をすごく使うのでは? と不安になるが、
「1回あたりの洗浄水量は5.7L(小洗浄の場合は4.5L)。業界最少の節水効果なんですよ」とのこと。また、中性洗剤も1回2滴ほどの使用で十分なので、1本で約3カ月もつそうだ。

ところで、実はこの商品の開発に関して、忘れてはいけない人物がいる。それは、「擬似汚物開発」に2年を費やした「汚物博士」こと、川本早高さん。……って、擬似汚物!?
「汚れにくい素材や洗浄力を実証するためには、実際に『人の汚物』が必要だったんです。これまではスポンジ状のもので試験していましたが、よりホンモノに近づけるため、素材や配合、形状をかえて、それこそカウントできないほどの大便をつくったんですよ」

社内スタッフ15人ぐらいの「現物」を毎日採取し、成分配合や重量、長さまで分類し、さらに、「ホンモノに近い出方」を追求するため、「大便出し機1、2 号」まで製作した結果、ようやく2年を経て、5種の便を作成したという。ここまでこだわったトイレへの情熱は何なのか? 酒井さんは力強く言う。

「新素材のトイレで革新を起こします!」
有機ガラスの全自動おそうじトイレは、トイレ先進国・日本に、また新たな1ページを刻むのだろうか。
(田幸和歌子)



新技術を開発する為の苦労はどんな分野でも一緒ですね。
でも、皆が嫌がる事にこそ商売のチャンスがあるのかも知れないなぁ。

ん~ でも「サンプル(汚物)取らせて?」なんて言われても正直困っちゃいますね(^^;)

いつだかテレビでウォシュレットのトイレの開発話をやってましたが、あれも相当大変だったみたいです。

やっぱり社内の人をデータ取りに起用したらしいですよ。 良い物を作りたいという、技術者の情熱には頭が下がります m(_ _)m
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。