じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

僧衣のままでは、警察に採用するわけにはいきません


スリランカで、警察官になり、拳銃を所持しようとした仏教の僧侶が、不採用になった。サフラン色の僧衣を脱ごうとしなかったからだ。

お坊さんで警官。 微妙~

[コロンボ 22日 ロイター] スリランカで、警察官になり、拳銃を所持しようとした仏教の僧侶が、不採用になった。サフラン色の僧衣を脱ごうとしなかったからだ。

僧侶は、拳銃が支給される警部を志望していた。なぜ僧侶が警察の職を志望したかは明らかになっていないが、スリランカでは多くの僧侶が教職やアーユルヴェーダの医師などの職に就いている。

ピヤディガマ国家警察委員会会長は「僧衣を着ていては、警察の仕事はできませんよ。警官になるか、僧衣を着たままでいるか。彼次第です」と語った。

同会長は僧侶の身元に関しては触れなかった。

仏教徒が多いスリランカは、20年以上、反政府のゲリラ戦争を続けている「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」を嫌悪する強硬派僧侶組織の本拠地だ。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。