じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

大きさは子犬並、巨大ヒキガエルを捕獲 オーストラリア


オーストラリア熱帯の都市ダーウィンで、小さい犬ほどの大きさのある巨大オオヒキガエルが捕獲され、この有毒両生類の繁殖を止めようと戦っている環境問題専門家たちにショックを与えている。

「それは怪物ヒキガエルです」と、月曜夜にカエルを捕まえた団体「フロッグウォッチ」のポール・カウディさんは言う。
「私たちはこんなに大きなオオヒキガエルを見たことがありませんでした。それはオスでしたが、ふつうメスのほうがオスより大きいのです」と、彼は火曜日に語った。

オオヒキガエルはオーストラリアでは病害虫とみなされている。フロッグウォッチの人々がダーウィンのリー・ポイント近くで捕まえた39匹のうちの1匹が、体長20.5センチ、体重840グラムという、標準の倍の大きさだった。

オオヒキガエルは環境に関してオーストラリアが犯した最悪の間違いだった。皮膚に毒を持つオオヒキガエルの繁殖は、もとからいた蛇、オオトカゲ、トカゲ、フクロネコなどの急激な減少につながった。

「私たちはオオヒキガエルをつかまえて、ポリ袋に入れ、凍らせて液体肥料に変えます」と、カウディさんは言う。

オオヒキガエルは1935年に、サイカブトの繁殖を制御する目的でハワイから連れてこられた。現在、2億以上が棲息しているといわれている。[シドニー 27日 ロイター]


是非画像が欲しかった!!(><) 子犬並みの大きさって表現は微妙ですが・・・。  それでもデカい! デカ過ぎ!!
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。