じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

筑紫哲也さん、がんで休養 膳場?福澤?後継者問題浮上


TBS系の夜の報道番組「NEWS23」のキャスター、筑紫哲也さん(71)が2007年5月14日、番組の中で初期の肺がんであることを明らかにし、当面休業すると語った。同番組は1989年 10月から17年以上続く長寿番組。筑紫さんの後継問題が今まで週刊誌をにぎわせてきたが、これをきっかけに後任を巡る報道が加速しそうだ。

筑紫さんは14日の番組冒頭で「先週、春休みの検査で初期の肺がんと分かった。しばらく治療に専念したい。がんに打ち勝ち、また戻ってまいります」と話した。

「みのもんた急浮上」の報道も

07年5月15日、東京スポーツ(16 日付け)は、「後任『キャスター戦争』勃発か」と題し、筑紫さんの後継問題を報じた。番組制作会社関係者が「大物起用に動けない。入院中に番組を改編したらTBSの方が人でなし呼ばわりされるでしょうしね」と解説、大物でない「新興勢力」として、元日本テレビアナウンサーの福澤朗さんの名前を挙げている。

「えーまだやるんですか?」と題して筑紫さんを「直撃」したのは、3月22日号の週刊文春。あと3年は番組をやる気なのでは、という情報について質問された筑紫さんは、「この国にとって、むこう3年というのは大事な時期だから、この番組をやるかどうかとは関係なしに、自分の本籍であるジャーナリストとして、ちゃんとやらないと大変なことになるかもしれない、と一般論で話したことはあります」と答えた。同誌は「引き際が肝心ですぞ」と忠告している。後継問題には触れていないが、06年秋から番組に加わった元NHKアナウンサーの膳場貴子さんの写真を掲載している。膳場さんの番組初登場の前後に、後釜含みではないか、との見方もあった。

06年5月には、週刊新潮が「『筑紫哲也』の後釜に『みのもんた』急浮上だって」と報じた。

「眠らない男」「テレビ画面に出ずっぱり」と評されるみのさんには「テレビに出過ぎでは」との声も出るが、一方でニュース番組のキャスターを務めることに意欲を持っているとの指摘も従来からある。05年末にNHK紅白歌合戦の司会に決まったときは大喜びで、次の目標にニュース番組キャスター出演を据えたとの憶測も流れた。

日経田勢康弘氏急浮上、という報道も

05年9月には「歴史的大勝利が覆う危機/久米宏『圧勝』」で筑紫哲也『後継指名』へ」と週刊ポストが報じた。郵政解散とも言われ自民党が大勝した衆院選の選挙報道特番で2人が共演したことを取り上げた。
同年10月には、週刊新潮が「筑紫哲也『クビ間近』で日経『田勢康弘氏』急浮上」と報じた。田勢さんは日経新聞の元論説副主幹だ。

筑紫さんは14日夜の番組の終盤、周囲のアナウンサーたちに声をかけ「留守の間よろしくお願いします」とあいさつした。笑顔を浮かべ、少しさびしそうだったが、復帰に意欲満々のようにも見えた。(J-CASTニュース)



みのさんは正直見る機会が多すぎてこれ以上見るのはどうも・・・(^^;)
皆さんはいかがでしょ?

注目記事
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。