じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

集団ヌード撮影、1万8000人で世界記録 メキシコシティ


[メキシコシティ 6日 ロイター] 6日、かつて古代アステカ帝国の心臓部だったメキシコシティのゾカロ広場で、1万8000人のボランティアがヌードになった。米国のアーティスト、スペンサー・チュニックの作品撮影のためだ。

チュニックはデュッセルドルフからカラカスまで、世界中の都市で大規模な集団ヌード撮影を行い、論議を呼んでいる。彼はこのたび、2003年にバルセロナで行った7000人ヌード撮影の記録を破った。

彼はメガホンで指示を与えながら、人々が広場でいっせいに腕を上げたり、仰向けになったりしている様を撮影した。加えて、脇道に人々が矢の形に並んだショットも撮影した。

早朝に行われた撮影のあいだ、何百人もの警察官がうるさい見物人たちを追い払った。また、広場の上空は飛行禁止とされた。

ゾカロ広場は世界で最も大きく立派な広場のひとつであり、まわりには大聖堂、市庁舎、ディエド・リベラの壁画で飾られた国立宮殿がそびえている。

その隣にある寺院の跡は、在りし日のアステカ帝国の心臓部であり、人身御供の儀式が行われていた。スペインから来た征服者たちは自分たちの街を建設するのに、その寺院のレンガを利用した。

この莫大な参加者の数は、メキシコ人の上品ぶる傾向が、少なくとも首都においては弱まりつつある証拠だと語る人もいる。

メキシコ人は肌を見せるのに慣れていない。たいていの男性は休暇のときしか半ズボンをはかないし、女性は不必要な口笛や視線を避けてミニスカートをはかない傾向がある。

「この出来事は、私たちの社会がもはやそれほど保守的ではないという証拠です。われわれは自分たちをタブーから解放しているんです」と、ボーイフレンドといっしょに撮影に参加した30歳の大学教授ファビオラ・ヘレラさんは言う。

強い男らしさと家族への忠義が重んじられる世界で2番目に大きいカトリック国の首都は、最近いくつかの重要な慣習に挑戦した。

先月、メキシコシティの議会は、教会からの批評をものともせず妊娠中絶を合法化した。

また最近、市議会で可決された法によって、同性愛カップルが民事婚で結婚できるようになった。そして議会は、安楽死の合法化の是非についての討議を予定している。

すべてのメキシコ人がチュニックによるスペクタクルに感銘を受けたわけではない。チュニックは、首都の外にある有名なテオティワカン・ピラミッドでの撮影を望んでいたが、許可は下りなかった。

「彼らは男女としての威厳を失っています」と、63歳のアルマンド・ピネダさんは大聖堂にもたれて、服を着たモデルたちが広場を去るのを見ながら言う。「それは教会に対する冒涜です」

メキシコシティの都市部の人口は、およそ1800万人だ。


注目記事
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。