じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

二人の男性、ニューデリーの空港で48日間暮らす


[ニューデリー 3日 ロイター] 二人のバングラデシュ人男性がニューデリーの空港で48日間も暮らしていたという。パスポートを持っていないため帰国できなかったこの二人は、トム・ハンクス主演の映画「ターミナル」で描かれたような生活を送っていたそうだ。

タイムズ・オブ・インディア紙の報道によると、今年3月、必要な書類を所持していなかったためサウジアラビア当局が入国を拒否、二人をニューデリーへと送り返したという。

サウジアラビアでは、入国に必要な書類を持っていない人はやって来た国へ送り返され、パスポートが押収されることになっている。

さらにダッカ(バングラデシュの首都)では、パスポート不携帯の人物は入国を拒否しているため、二人はニューデリーのインディラ・ガンジー空港の乗り換えロビーで動けなくなってしまったという。

空港関係者は「二人はとても退屈だったらしく、食堂のスタッフに働かせて欲しいと頼んでいたようです。お金を稼ぐことが目的ではなく、暇つぶしをしたいからというのが理由だったそうです」と同紙に話した。

先週、バングラデシュ当局が二人に新しいパスポートを発行したため、空港での暮らしは終結することとなった。


あるんですねぇ・・・こんな話。 映画の中だけかと思ってましたが・・・(^^;)

それにしても、物騒な世の中とはいえパスポートの押収はないでしょうに・・・。

注目記事
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。