じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

連ドラ初主演でボロボロになっている松山ケンイチ


 主役を張るタイプではないということか。若い女性の間でカリスマ的な人気を誇る松山ケンイチ(22)が急ブレーキだ。

 松山は放送中の連ドラ「セクシーボイスアンドロボ」(日本テレビ)で初主演している。このドラマは、14歳の少女ニコと、ロボットが大好きなオタク青年のロボが次々に難事件を解決していく冒険活劇。初回は視聴率が12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でそこそこだったが、2回目から視聴率が1ケタに急落し、4月24日放送の3回目は6.9%までダウンしてしまった。これまで大ヒットした映画「デスノート」などで人気になり、俳優としても高く評価され、大物の仲間入り寸前だっただけに残念だ。

 松山は21日に公開された映画「神童」でも準主役で出演している。こちらは単館上映の映画としては好調で、興収予想は3億円前後といわれているが、連ドラの不振をカバーするパワーはない。

「脇役なら才能を発揮する俳優がいるけど、松山はその典型的なタイプ。『デスノート』は日テレの製作だから、ヒットのご褒美もあって『ロボ』に起用されたのでしょうが、これからという時にミソをつけたのは大きなマイナスです」(事情通)

 松山は来年公開の「デスノート」のスピンオフ映画で主演することが決まっている。これで巻き返しができるかどうかにかかってくる。(ゲンダイネット)


注目記事
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。