じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

集団ヌード撮影世界記録更新か? メキシコシティ


 米国のアーティスト、スペンサー・チュニックは来週、古代アステカ帝国そして現代メキシコの中心であるゾカロ広場を何千人もの人々で埋めて、集団ヌード撮影を行う予定だ。

現地報道によれば、チュニックは首都の外にある有名なティオティワカン・ピラミッドでの撮影を申請していたが許可が下りず、代わりに来週日曜日、ゾカロ広場で撮影を行うことになった。

メキシコシティ市からのコメントは出されていない。

ゾカロ広場は世界で最も大きく立派な広場のひとつであり、まわりには大聖堂、市庁舎、ディエド・リベラの壁画で飾られた国立宮殿がそびえ、赤・白・緑の巨大な国旗がはためいている。

その地下には、かつてアステカ族が人身御供の儀式を行った寺院が眠っている。スペインから来た征服者たちは自分たちの街を建設するのに、その寺院のレンガを利用した。

チュニックは、ドイツのデュッセルドルフからカラカスまで、世界各地の都市で集団ヌード撮影を行って眉をひそめさせている。参加者たちはしばしば多種多様な肉の海のようなイメージを作るために、裸で横たわる。

関係者たちはメキシコシティでの撮影が、2003年にバルセロナで行った7000人のヌード写真の記録を上回ることを期待している。

現在、抗議集会やロックコンサートに使用されることもあるゾカロ広場は、立ち上がった状態で少なくとも15万人を収容することができる。

一般にメキシコ人は、裸を恥ずかしがる傾向がある。海岸でヌードやトップレスを見ることは稀だ。しかし、より自由な気風の首都では、抗議デモの参加者がパンツ一枚で行進していることもよくあるそうだ。[メキシコシティ 30日 ロイター]


注目記事


テクノラティプロフィール
スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。