じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

そのまんま東知事公用車255万円で落札


 そのまんま東宮崎県知事(49=本名・東国原=ひがしこくばる=英夫)の乗っていた高級公用車「トヨタセンチュリーL96年式」が23日、神奈川県の武道具店に255万円で落札された。経費節減のため競売物件として公告され、全国から16の個人、法人が入札していた。県では、予想をはるかに超える額に満足げ。東氏も「100万くらいかと思ってたからびっくりした」と喜んでおり、売却金は今後福祉などに回すという。(日刊スポーツ)

頑張ってますね、東さん。 とても熱湯被ってのたうちまわってた人とは思えません。 このまま頑張って欲しいもんです。

お役人の古い常識に染まる事無く、ガンガンいって下さい(^^)


 知事専用公用車「トヨタセンチュリーL96年式」はこの日午後、宮崎県庁地方館で開札された。全国から個人6、法人10(うち県外9、県内7)合わせて計16件入札があった。この中で、横浜市の武道具専門店「神奈川八光堂」が、255万円で落札した。

 県物品管理課では「この車種は通常50万~120万円程度。予想をはるかに超えた金額だった」と話した。東氏も「いやあ、びっくりした。100万円くらいかと思っていたので。私のクリーンなイメージが、県政刷新に向けた改革的なイメージが、この車に託されたんではないですか(笑い)」と自画自賛したほど、喜んだ。

 同時に競売にかけた副知事用の「日産プレジデント95年式」は約122万5000円、出納長用の「トヨタセンチュリーD95年式」は81万円で、それぞれ県内外の個人が落札した。

 知事公用車などは、経費節減のため、競売物件として1日に公告された。東氏は就任した1月23日以降、今回落札されたセンチュリーを利用。しかし、2月6日から公用車を、燃料費や修理費が年間約78万削減できるエコカー「トヨタクラウン・マイルドハイブリッド」に変更した。

 このセンチュリーは県が96年に880万円で購入。官製談合事件で起訴された前知事の安藤忠恕(ただひろ)被告(66)ら3代の知事が使用した。走行距離約14万キロだが、頻繁に修繕しているため「特に悪い部分はない」(同課)。後部座席にはマッサージ器もあり、床は赤じゅうたんと豪華だ。同課によると、センチュリーが神奈川八光堂側に渡るのは、早くても再来週になる見込みだ。

 落札した神奈川八光堂の有馬宗告(むねつぐ)社長(54)は「びっくりしたし、うれしい。私や妻は宮崎生まれで、宮崎県内にも支店があり、宮崎は第2の故郷。東さんに対しては当選後、宮崎を盛り上げるのがうまいと感じていた。その人気にあやかりたいと思い、入札に参加しました」。有馬社長によると、落札車は宮崎県内に置く予定。武道関連のイベント時など、地元で話題を提供するため使っていきたいという。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。