じゃぱにぃずおふぃす

いろんな話題をお届けします

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

<体感器>パチスロ大当たり連発 窃盗罪成立認める 最高裁


 パチスロの当たり周期を読み取る「体感器」と呼ばれる電子機器を使って、大当たりを連発させる行為が窃盗罪に当たるかどうかが争われた刑事裁判で、最高裁第2小法廷(今井功裁判長)は13日付で、罪の成立を認める初判断を示し、無罪を主張した無職の男性被告(28)の上告を棄却する決定を出した。懲役1年6月、執行猶予3年とした1、2審判決が確定する。パチンコ台に不正な工作をするわけではないため、かつては刑事責任を問うことが難しいとの見方もあったが、違法性が明確になった。

 体感器は、市販の低周波治療器などを改造して作られる。センサーで読み取った当たりの周期を振動で自分の体に伝え、その刺激に合わせてパチスロ機を操作すれば大当たりの連発が可能になるという。「違法性のない究極の攻略法」と紹介され、03年ごろから広く使われるようになった。

 第2小法廷は「体感器を使ってパチスロ機で遊ぶこと自体が通常の遊技方法の範囲を逸脱している」と指摘。被告が取得した当たりのメダルのすべてについて、窃盗罪の成立を認めた。

 1、2審判決によると、男は05年9月23日、札幌市内のパチンコ店で、体感器を使ってパチスロ機「吉宗S」で大当たりを連発させ、遊技用メダル約1500枚(約3万円相当)を盗んだ。(毎日新聞)


うむ・・・確かに遊技として考えた場合、成り立ちませんね・・・。 しかし管理者もたまにパチスロやるんですが、とても遊技といえるかどうかは疑問を感じます。

建て前は遊技かもしれませんが、あれはほとんど搾取に近いかと・・・。  プレイヤーがあの手この手で攻略しようとするのも分からないでもないです。

まぁ、犯罪だというのであれば従うしかありませんが、あくまで遊技というのであればプレイヤーの事ももっと考えられるべきではないでしょうか。

メーカー側だけが対策をし続け、ホール側は置くだけ・・・そんなのはおかしいと思います。 採算が取れなければ商売にならないのは分かりますが、明らかに搾取を目的にしているかの様な営業をしている店舗が見受けられるのもまた事実です。

そういう体制がもっと見直されるべきではないのでしょうか・・・。

注目の記事


スポンサーサイト
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

番長 『操』様

昨日は大きな地震だったそうですね。スロット中の人間は感覚麻痺してたのでしょう。 ...

スロット番長の攻略研究室 2007年04月16日(Mon) 15:27


凄いですね~!

お忙しい 主婦の方 サラリーマン・OLの方 仕事の無い方へ

えっ!凄い・・・ 2007年04月16日(Mon) 20:57


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。